さんまさん






緊張して人前で話せない… 明石家さんまの助言に「涙出そう」「救われる」 ニュースサイトしらべぇ

新体操日本代表・竹中七海選手から「大勢の前で緊張してうまく話せません。さんまさんはそんなことありませんか?」と質問されたさんまは、「ありますよ」と即答し、驚きの声が。

「お笑い芸人はとくに、『緊張しない人』って売れないんですよ。緊張する人が売れる、緊張しない奴はダメなんですよ。(自分も)若いときは、ずっと緊張してた」と、大成する芸人の多くが「緊張しやすい人」であると実感しているという。

「それも個性やから。そのままでええと思う。緊張したキャラ、緊張キャラ!」

と、竹中選手を励ました。

「緊張しない芸人は売れない」というさんまの私見に、関根勤も「ダメですね」と同調。「ウド鈴木は、本番前に毎回エズいている」とも明かした。

ラグビー・五郎丸歩選手は「緊張を解くことがよくないと僕は思っています。ある程度の緊張感にどう持っていけるか。(緊張感を)ゼロにすると、寝ている状態と同じ。体に力が入らないです」と、緊張感が良い結果に結びついているという。

競泳・松田丈志選手は「緊張する人が大成するのは多分『準備の量』だと思う。自分が見ていても、緊張する選手のほうが練習している」と本番で緊張してしまうからこそ、より練習量を積んでいる傾向があるのでは? と語った。

反応
話し下手な人、全然問題ないと思うな。
それだけ人に話を伝えるとき真剣になってくれていると言うことだから。
ただ、それを茶化したり、イライラして注意するのが一番いけない。

緊張にはいろいろあって、人前で話せなくなるのは、不安や恐怖心による緊張です。この緊張が来ると自分の持ってるパフォーマンスを出せなくなります。これを、たくさん準備して、自信による緊張とゆうか気持ちの高ぶりに変えることができれば人前で話せるようになります。が不安や恐怖は本能的なものなのでなかなか改善は難しいです。

会議の司会をすると、頭が真っ白になります まとまらなくて泣きそうになる

確かに、人前でスラスラ話してる人を見てると、緊張で話が下手な自分が情けなくなる時があるね。この話、少し勇気が沸いてくるね。

さんまさんは、ほんとに素晴らしいです!

最近老害発言も若干目立ちつつあるさんまさんやけど、やっぱええこと言うな。