麻雀放浪記2020






斎藤工 主演映画が公開危機 東京五輪中止の設定に「お叱りが…」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

俳優の斎藤工(37)が12日、都内で行われた「ベストフンドシストアワード2018」受賞式に登場し、主演映画「麻雀放浪記2020」(4月5日公開)が“公開危機”に陥っていることを明かした。

(中略)

1月31日に国会議員の麻雀議連限定試写を開いた際、東京五輪が中止となる映画の設定に“クレーム”が入り、斎藤は「(公開中止になる可能性が)あります」と渋い顔。マスコミ向けの試写は行わない方針で「設定自体がお叱りを受けています。試写をしてしまうといろんな指摘を受けて、(公開予定が)ゼロになる可能性もあるので、強行していきたいなということですよね」と内情を明かした。

 関係者によると、斬新過ぎる脚本に当初から「公開できるのか…?」と危惧する声が上がっており、昨年末の時点で作品は完成していたもののマスコミ向け試写の中止を決断。試しに議員試写を行ったところ、疑問を呈され「やっぱり…」となったという。

東映が映画『麻雀放浪記2020』の虚偽の宣伝についてお詫び文を発表 斎藤工が主演|ニフティニュース

俳優・斎藤工さんが主演の映画『麻雀放浪記2020』で、虚偽の宣伝をしていたとして、配給元の東映は2018年12月17日、公式サイトで「軽率で行き過ぎた行為」だったと謝罪した。

宣伝文で「映画祭の名誉を著しく傷付ける記述」があったという。

反応
なんならオリンピックが終わってから上映すればいい

宣伝でしょう。
政治介入によって完成した映画の公開が中止になるなんて聞いたことがないし、そもそも麻雀映画が五輪に影響を与えるわけがない。
真に受けている人もいるみたいだし、これはちょっとたちが悪い。

麻雀放浪記2020は炎上商法っぽくてなあ……

映画製作側は東京五輪中止の設定を入れてこの時期に公開しようとするとクレームが入るのを予想していたようなので、炎上商法狙ってたのかと勘ぐってしまいます

明らかに炎上商法ですね。 しかし今の世の中炎上商法自体が逆炎上する予感しかない

筒井康隆の影響もあって麻雀放浪記の原作は一通り読んだかな。映画も真田広之主演のヤツは観た。「ドサ健ばくち地獄」とか好きだったなぁ。