なんだと






くら寿司にセブン、バイトテロ「見せしめの法的措置」はむしろ逆効果

最近では不適切動画投稿の事案において、企業側が懲戒処分というレベルを超え、当該労働者に対して損害賠償まで請求するケースが出てきているという。ここまで来ると「おいおい、ちょっと待ってくれよ」と言いたくなってくる。

(中略)

この種の事件で賠償請求に打って出ることによるデメリットは、決して軽視できないものがある。こういう裁判は誰から見ても「見せしめ」と映るから、現場の労働者、そして求職者を萎縮させる。アルバイトはお金が欲しくて働きにくるのに、逆に会社から訴えられて巨額の賠償請求をされるかもしれないというのでは、面接に向かう足も遠のくというものだろう。

 現在、「飲食物調理」や「接客・給仕」といった仕事の有効求人倍率は3倍を超えており、立派な人手不足産業である。こうした中にあって、あえて求職者の足を遠のかせるようなことをするのは、どちらかといえば「悪目立ち」の類いの行動である。

 なるほど、確かに不適切動画の投稿はよくないことである。しかし、だからといって、投稿者を法廷に引きずり出して懲らしめるという方法を採ることは、その企業自身を利するものではないように思われる。

 筆者自身は、実際のところ、昨今発覚したような事態は、飲食業の現場では他にも多々起きていることなのではないかと思っている。日本で働いているアルバイトの数は1000万人規模なのだから、その中におかしな行動に出る者が一定数いることは、別に不思議なことではない。

 こうした中で、イレギュラーの事態に際して、感情任せでない、理に即した対応を行うことこそが肝要である。「あえて法には訴えない」という判断は、決して企業の価値を下げるものではない。むしろ企業価値を高めることである。事実をきちんと確認し、法的な見通しをつけ、企業の損得を冷静に見極める視座こそが求められる。

反応
これ、企業が沈黙して食中毒とか出したらそれこそ大損だってことを理解して記事書いてるんだろうか?

まったく理解できない主張。バイトテロに毅然と法的措置を取ることが、なぜ「現場の萎縮」につながるのか? 大多数のバイトはバイトテロなどしないわけだし、萎縮などしないだろう。

意味不明w特アの人がバイトテロやらかした時に容易に訴えらえない為の予防だな。客がバイトテロを撮影する場合もあるわけで。

萎縮させるや若気の至りのレベルを超えてる。阿呆な事をしなければいいわけで、いい薬になるだろ。。

あほなことしない人間はそもそもそんなことしないから萎縮なんてしませんよ。この弁護士さん発想が飛躍しすぎ。

萎縮も何も、普通に働く大多数の人はあんな馬鹿なことをしないと思うんですが…

人目が無いところでアホなことをやらかすアホを萎縮させ辞めさせる効果があるのでは?