ジャンクフード






甘いものやジャンクフードが、なぜか「欲しくならなくなる」簡単な方法 | ビジネスジャーナル

ジャンクフードを欲しくならないようにするには、どうしたらいいんでしょうか?

 カーネギーメロン大学のモアウェッジらのチームによる研究で、「想像するだけである程度食欲を抑えることができる」ということが明らかになりました。研究チームは、51人の被験者を3つのグループに分けました。第1グループには、「チョコレート(M&M)を3つ食べる」&「コインランドリーの洗濯機にコインを30枚挿入する」という場面を想像するように、第2グループには、「コインランドリーの洗濯機にコイン3枚を挿入する」「チョコレートを30個食べる」という場面を、第3グループには、(食べる想像はなしで)「コインランドリーの洗濯機にコインを33枚挿入する」という想像をしてもらいました。そしてその後、被験者全員にチョコが入ったお皿を配り、好きなだけ食べていい、と指示をしました。

 すると、チョコを30個食べるシーンを想像した第2グループの被験者は、3つしか想像しなかった第1グループや、まったく想像しなかった第3グループの被験者に比べ、実際にチョコを食べる量が少なかったのです。

 これは、心理学で「馴化(じゅんか)」と呼ばれる現象に基づくものと考えられています。簡単にいうと、脳は新しいものが好きなので、慣れてきてしまうと欲しなくなるということです。特定の食品を食べる場面を想像すると、脳がその食品の欲求に慣れてしまい、食べたいという気持ちが減少するわけです。それによって、実際に食べる量が減るわけです。

 わかりやすい例としては、「食べたい!」と思って食べ始めた大好きなお菓子でも、1口目と10口目だと、そのお菓子に対するモチベーションに違いが出ますよね。想像して、頭の中で実際に1口食べるだけで十分なくらいまでたくさん想像しておけば良いということです。

 しかし、ここで気をつけてほしいのは、この効果は、自分が想像した食品だけに効果が限定されるのです。同じ研究チームの実験で、チーズを食べることを想像してもらった被験者たちは、チョコレートを食べる量に変化はありませんでした。 

反応
確かに のーみそ疲れてる方がジャンクな食べ物欲しくなるw

イマジネーションの力

試してみるか

VRを有効活用したら効果倍増するかも。