いじめ






大津いじめ訴訟、元同級生2人に賠償命令 大津地裁 - 産経ニュース

平成23年に大津市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺したのはいじめが原因だとして、遺族が元同級生3人と保護者に慰謝料など計約3800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、大津地裁であった。西岡繁靖裁判長は3人のうち2人に対し、いじめと自殺の因果関係を認め、計約3700万円の賠償を命じた。いじめ防止対策推進法成立の契機となった自殺問題は、発生から7年以上を経て大きな節目を迎えた。

 遺族側は自殺直前にいじめがエスカレートしていった経緯や行為の苛烈さなどから、「男子生徒に加えられた激しいいじめは自殺につながるものだった」と主張。元同級生側は「遊びのつもりだった」と反論し、いじめの存在や自殺との因果関係を否認していた。



反応
遊びの延長... 自分が同じ事をされたり言われたりしても遊びの延長と言えるのか。 加害者という立場になってからの言い訳にしか思えない。

二人で3700万円という賠償額は、収入次第では一生かけて償わないといけない額だねえ。そういう事も考えてこの額にしたのかなあ ( ・ワ・)ちゃんと回収できるのならいいんだけどねー

2人に計約3700万円か。 殺された人の命の値段がこれか? 安すぎるだろ。 それぞれに約3700万円ずつの賠償でも安いよ。 親もクソガキも、人生捨てて償え

人ひとり死に追いやっても3700万かよ、しかも被告のうち一人は免責ってなによ?

現実的な金額なのかな。学校側の隠蔽に対する罰則も厳しくしないと・・・