コンビニ






ビジネス特集 なぜやめられない?24時間営業 | NHKニュース

もう1つの理由が効率的な店舗運営のためです。

コンビニでは、商品の品出しや検品、掃除などの作業は、客が少ない深夜に集中して行います。そうすることで、来店客が多い日中の時間帯は販売に専念できるような仕組みにしているのです。

実は各社は、これまでに深夜に店を閉める実験を行ったことがあります。しかし、いずれも、店舗運営や売り上げに課題が出たと言います。

例えば、セブン‐イレブンが深夜早朝の営業を取りやめた際には、客が多い日中の時間帯に掃除をしなければならないなど、かえって作業量が増えてしまい、負担軽減にはつながらなかったといいます。

また、売り上げも思わぬ影響がありました。商品の売れ残りを防ごうと発注を絞った結果、陳列棚で商品の不足が目立つようになり、昼間の売り上げも減ってしまったそうです。午前7時から午後11時までの営業にした場合、売り上げは3割も減少すると見ています。

ローソンが同様の実験を行った際には、利用客がほかのチェーンに流れてしまい、加盟店側から24時間営業に戻してほしいという要望があったと言います。

このほか、食品の製造や物流も24時間営業を前提に態勢が構築されています。トラックの配送ルートから、弁当やサンドイッチなどの食品を、食品工場で、いつどれくらいの量をつくるのかといったことまで、綿密に組まれています。

24時間営業を見直すことは、店舗の運営にとどまらず、物流や製造の仕組みまでも見直すことにつながるのです。

反応
別に緊急時だけ24時間営業に戻せば事足りる

周り田んぼの田舎なのにコンビニは24時間営業だし0時までやってるドラストもある
まあ朝が早い人向けなんだろうね
早出する人は夜明け前って人もいるだろうし

ローソンとファミマはよる閉店するとこ知ってるけどセブンは、

時短パターンをオーナーが決められるコンビニチェーンを作ったら
セブンから乗り換えるオーナーが増えるんじゃね

俺も日々利用しているけど、そろそろ見直す時期のような気もする。