平成最後の・・・






Choke Point | 『LEFT ALIVE』海外レビュー

7.0/10 PlayStation LifeStyle
「色々と雑だがユニークな低予算日本製ゲーム」聞いて興奮する人になら、『LEFT ALIVE』はおススメしたい。遅々として進まないテンポの悪さ、容赦ない難易度など、このゲームは忍耐力を要求する。トリプルAでお馴染みのゲーム・デザインを拒否した表面に囚われず、少し深く掘る必要があるのだ。とはいえ、超ハードコアな『METAL GEAR』的な、脳の体操になる脱出ボード・ゲーム風の煩雑な土台を楽しむために、明らかな欠点を許容してしまう自分もいるのだ。

3.5/10 DualShockers
買うつもりに人には、「何故?」と聞きたい。私なら『LEFT ALIVE』からはできるだけ距離を取るだろう。シリーズ最新作を望むハードコアな『FRONT MISSION』ファンは、希望と夢を葬り去ろう。開発チームには優秀な人材が揃っているだけに、なぜこうなってしまったのか不思議でしょうがない。スクエア・エニックスの作品は大好きなのだが、本作は受け入れ難い。しかも60ドルなのだ。

2.0/10 Push Square
『LEFT ALIVE』は目的を一切果たせていない。雑で頼りにならないAIのせいでステルスが苦痛だし、出来の悪いガンプレーは硬い敵を外しまくる。理不尽な難易度のせいで、腹立たしい場面を何度も何度もプレーさせられる。市場に空いた穴を埋める代わりに、一思いに息の根を止めてやるべきだろう。このジャンルの熱心な支持者にとっても、悲惨極まりない体験になるはずだ。

Left Alive for PlayStation 4 Reviews - Metacritic





21世紀を代表するクソゲーに名乗りを上げてしまった。