書籍






新刊発売、中国九州で1日遅れに 物流危機で書店逆風、4月から | 共同通信

 中国地方5県、九州7県で4月1日から、雑誌と書籍の新刊の店頭発売日が従来よりもさらに1日遅れることが9日、分かった。物流会社の人手不足やコスト上昇が要因。自前の物流網を構築したインターネット通販のアマゾンジャパン(東京)は従来通りの日程で配送するとみられ、中国、九州の書店は新刊販売で不利な状況に立たされることになった。

 出版物の卸を担う取次会社からなる日本出版取次協会(東京)が明らかにした。物流危機が出版業界に波及した形で、書店の経営は一段と厳しくなりそうだ。

反応
九州(沖縄除く)の場合、ほとんどの雑誌は元から1~3日遅れですが。流通システムが時代に追いついていないです。独自の流通ルートを確立していて中国・四国・九州では遅延無しのアマゾンの一人勝ちになりそう。

書籍と雑誌の地方発売、ついに1日早くなったのかと思いきや逆だった。さらに1日遅くなるって、もっと電子書籍が普及すればいいのに

取次協会からのリリースだけでみんな納得すると思ってるのかなあ? コンプライアンス云々を言われたら仕方ないけど。

ていうかアマゾンもわりと発売日に届けてくれんぞ。二日遅れとかよくある。 雑誌なら問題だが書籍で1日ぐらい許容範囲だと思うが?

全ての雑誌や書籍が同日配信される訳じゃないからなぁ。