麻雀放浪記






「麻雀放浪記」公開へ 重要な五輪組織委元会長役で再撮影不可 有料コンテンツとして判断は観客に委ねる― スポニチ Sponichi Annex 芸能



瀧容疑者が出演している映画「麻雀放浪記2020」が、予定通り4月5日に公開すべく最終調整していることが14日分かった。瀧容疑者は同作で、戦争によって東京五輪が中止になった2020年の五輪組織委員会の元会長を演じている。主人公の坊や哲が生きる昭和の戦後と2020年の戦後を結ぶ重要な役どころだ。

 そのため編集でカットはできず、公開まで1カ月を切った段階で再撮影も不可能なため、配給の東映など製作委員会で対応を協議。ネット上では公開を望む声が多い半面、批判的な書き込みも見られるが、関係者は「公開に向けての協議です」としており、有料コンテンツとして観客の判断にゆだねる方向にかじを切ったようだ。

反応
罪とは切り離して、こういう判断でいいと思うけどな

罪と作品、これはこれからも続く答えの出ない論争になるんだろうか

炎上商法に失敗した手前どう対応するのかな?と思ってたけど至極真っ当だった

つうか逆に観たいと思う人いるでしょ。

これは賛成。TVの様に無条件で目にするものではなく、自分で見に行くものなら観客が判断すれば良いと思う。

話題になって逆に宣伝になったね

真田広之バージョンを放映してもええんやで。