ほほう






赤信号無視の歩行者を書類送検 バイクと衝突で異例の検挙 | NHKニュース

北九州市の交差点で、赤信号を無視して道路を横断したうえ、ミニバイクと衝突し、運転していた高齢者に大けがを負わせたとして、70歳の歩行者が書類送検されました。警察によりますと、歩行者がバイクよりも重い過失があるとして検挙されるケースは極めて珍しいということです。

書類送検されたのは北九州市小倉北区の70歳の男性です。

警察の調べによりますと、去年11月、自宅近くの市道の交差点で、赤信号を無視して道路を横断したうえ、青信号で交差点に入ってきたミニバイクと衝突し、運転していた高齢者の頭などに大けがを負わせたとして、重過失傷害の疑いが持たれています。

自身も足の骨を折る大けがをしていて、警察はミニバイクを運転していた高齢者についても、過失運転傷害の疑いで書類送検しました。2人とも容疑を認めているということです。

警察によりますと、歩行者とミニバイクの交通事故で、歩行者がバイクよりも重い過失があるとして検挙されるケースは極めて珍しいということです。

反応
法律上の歩行者は無敵説が崩れる

珍しい。ミニバイクもスピード出てなかったんだろうね

車やバイクのほうがながらく一方的に悪いという判断がつづいてきたから、歩行者や自転車の無法や無頓着がちょっとひどくなりすぎたかもね。こういう判例も増やすべきなんだろうね

確かに聞いたことないわそんな話。でもまぁ冷静に考えて信号無視で突っ込むやつが悪いよな・・・・

歩行者強すぎやったからな、ええことやと思うわ。