還元






ポイント還元、ネット通販も 増税時の対策固まる  :日本経済新聞

10月に予定する消費税の10%への引き上げ時に、買い物の負担を一時的に軽くする対策の詳細がまとまった。食料品の税率を8%に据え置く軽減税率に加え、クレジットカードやスマートフォン(スマホ)による決済は中小企業の出品であればネット通販でも5%分が還元される。対策の規模は計約1.5兆円。企業の販売戦略にも大きな影響が及びそうだ。

(中略)

10月1日から2020年6月末までの9カ月間、中小企業が扱う商品をキャッシュレスで買うと、還元されるポイントが上積みされる。クレジットカードや電子マネー、QRコードを読み取るスマホ決済などが対象で、利用者に年齢や収入などの制限はない。

原則として資本金が5千万円以下の中小企業の店舗での買い物なら支払額の5%、コンビニエンスストアのフランチャイズ店では2%がポイントとして戻ってくる。ポイント還元ではなく、決済時に値引きをするサービスも同じ扱いになる。

ポイントはネット通販でも付く。米アマゾン・ドット・コムのサイトにある商品の場合、出品している事業者が中小であれば「対象となる可能性が高い」(経済産業省の担当者)。制度の対象外となる大企業のスーパー、家電量販店などは同じ商品で競合するなら値引きを迫られそうだ。

ポイントや割引は小売店ではなく、決済事業者が提供する。経産省によると、100社超が利用を申請した。カード会社ではジェーシービー(JCB)、楽天カード、三井住友カード、三菱UFJニコス、クレディセゾン、イオンフィナンシャルサービス、ユーシー(UC)カードなどだ。

ヤフーとソフトバンクが出資するペイペイ(東京・千代田)やNTTドコモ、メルカリ、LINE、オリガミ(東京・港)などのサービスも使える。主にスマホにダウンロードする専用アプリで決済する。還元率や使える決済手段などは店頭のポスターで明示される。

反応
これの恩恵を受けるべくいろいろ思案中

「スマートフォン(スマホ)による決済は中小企業の出品であればネット通販でも5%分が還元」とな。これは使えそう。

楽天でも楽天ブックスや大手ショップ以外の出品なら還元対象ってことなんかな。楽天はともかく、Amazonは表記とかそこまで対応してくれるんかな。個人的には楽天ポイント貯めたいので、積極的に使う事になりそう。