スクエニ






スクエニ、デジタル販売を基盤に、ライブなど顧客との接点を強化:日経クロストレンド

2018年は増収減益だったスクウェア・エニックス。年初はスロースタートだったものの、終盤にリリースした『KINGDUM HEARTS III』や、スマホタイトルのヒットなどで息を吹き返しつつある。コンテンツを長期に届けられるデジタル販売の確立で売り上げを底上げすると同時に、映像や音楽、舞台などを横断的に展開する専門部署も新設する。18年から19年にかけての取り組みを聞いた。

(中略)

スマホゲーム事業の状況はいかがですか?
18年について言えば、お客様に今までのゲームとは「何か違う」体験を提供できなかったことが問題でした。他の作品とは違う“Something Else”がないと、手に取ってもらえない。それは、スマホだけでなく、家庭用ゲームでも同じことです。

 お客様にはたくさんの選択肢があり、その中から選んでもらわなければなりません。最初に手に取ってもらえる魅力を備え、その後も継続的に遊んでもらえるような準備を整えておかないといけない。18年にリリースしたスマホタイトルは、それが十分に準備できていなかったのではないかと考えています。

 ゲーム作りでは“Something Else”を突き詰めることにこだわり、二番煎じ(フォロワー)であってはいけないと考えています。また、スマホタイトルは日本国内だけで採算が成立すればいいという発想ではもうダメですね。グローバル市場を対象にしたタイトルに開発リソースを投入して、圧倒的な内容で勝負しなければ、スマホ事業は厳しいと思います。

コンソールタイトルについて、19年はどのようなことにトライしますか。
計画している大型タイトルを計画通りにリリースすることも大事ですが、新しいプラットフォームへの対応も必要になるのではないでしょうか。

 PC向けのゲーム配信プラットフォームとしては「Steam」のほかに、「Epic Games Store」が登場しています。加えて、ゲームストリーミングサービスとして、米グーグルが「Project Stream」(現地時間19年3月19日に、Game Developers Conference 2019で「Stadia」として正式発表)を、米マイクロソフトが「Project xCloud」を発表しました。このように米国の大手IT企業が立て続けにゲームストリーミングサービスに参入するのですから、これらへの対応は今後重要になってくるでしょう。我々としては、ゲームを提供する経路が増えることは歓迎です。

反応
意味がわからん、日本語で喋れよ

バンナムコエテクカプコンと違って
なんか儲け方が下手というかなんというか
一時期良くなった気がしたんだけど大丈夫かおい

レフトアライブが凄まじかったな。

スクエニはせっかく「期待されるコンテンツ」を多数抱えている企業なんだから、それらを期待されるクオリティで出していけばいいだけなのにね。それが難しいってのもわかるけど。