任天堂とアップル






アップル、任天堂を買収との観測広まる | ビジネスジャーナル

1月16日付米ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、米金融専門誌「バロンズ」の『アップルよ、任天堂を買収すべし コンテンツとプラットフォームの相乗効果に期待』とする記事を転載した。「バロンズ」は、ダウ・ジョーンズが発行している週刊投資金融情報専門誌で、日本経済新聞社から発行されている「日経ヴェリタス」のモデルとなった。

 アップルは1300億ドルのネットキャッシュを、これまでは自社株買いと配当に充てていた。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は「大型の企業買収を検討している」と明言した。

「アップルともっとも相性が良いのは任天堂かもしれない。アップルと任天堂の特質は似通っている。すなわち、潤沢な現金を有し、利益率が高く、強いブランドを持ち、忠誠心の高い顧客を抱え、ユーザーを捉えて離さないソフトウェアとサービスのエコシステムを備えている。

 アップルは任天堂を傘下に加えることで、大規模でありながら、成長途上にあるゲーム業界への大きなエクスポージャー(引用者注・市場の価格変動リスクの影響を直接受ける資産)を獲得し、売上高の面でさまざまな潜在的シナジーの恩恵に浴することになる」(ウォール・ストリート・ジャーナル記事より)

 割安で買収できることにも言及した。

「任天堂の時価総額は340億ドルだ。約96億ドルのネットキャッシュを差し引き、さらに50%のプレミアムを支払うとすると、アップルによる買収価格は約400億ドルとなる。任天堂の1年前の時価総額が550億ドルだったことを思うと、依然として割安だ」(同)

「任天堂のコンテンツとアップルの規模が組み合わされば、マイクロソフトとソニーのオンラインゲームサービスの規模をすぐに上回る可能性がある」(同)

 そして、こう結んだ。

「アップルよ、動く時が来た」

反応
やめてくれ。アップルなんかに買われたら、安定の任天堂が失われてしまう

それだけ価値があると!

個人的な感覚だとプラットフォーマーとしてのスタイルが違うのでいい結果にはならないと思う

すごい話だなこれ。

任天堂は最後まで日本の企業であってほしい。
半導体・家電が外資に乗っ取られている今、
ゲームの大御所まで持っていかれるのは悲しすぎる

まぁ、ゲームプラットフォームを新たに作るより買った方が早いよね。

任天堂のスマホがあったら、欲しいが、アップルに買収されるのはイヤだなぁ…。

アップルが任天堂買収って定期的に出てくるネタだけど、ファンの間では「やめてくれ」と「アップルに選ばれる任天堂スゴイ」で二分していますね。独自ハードではなく、iOSハードのみに任天堂ゲームを提供する時代が来るのかどうか。