おおう






AndroidスマホにWindows 10移植、昔のPCゲームもプレイ可能 - Engadget 日本版

AndroidスマートフォンのOnePlus 6TにWindows 10が移植され、各種アプリが動作したばかりか昔のPCゲームまでもがプレイできたことが報告されています。

ARM版Windows 10が登場して以降、クアルコムのプロセッサSnapdragon搭載デバイス上でWindows 10が動作可能となり、同OSをAndroidスマートフォンに移植する道は開かれることになりました。

Twitterユーザーの@NTAuthority氏は、すでにPixel 3 XL でARM版Windows 10の移植をデモしていた人物。今回は新たに、OnePlus 6T向けにも移植が成功したとツイートしています。

(中略)

最も印象的なデモは、x86エミュレーション互換性レイヤー(昔のx86アプリをARM用に変換して動かす機能)を使って『Call of Duty:Modern Warfare 2』を動かすくだり。すでに10年近く前のFPSゲームではありますが、今の目で見てもCG等はさほど古くは感じられません。最初のロード時間こそ長目とはいえ、ゲームが始まってしまえば動作はスムーズで、銃のエイムやステージ内の移動もスピーディーに反応しています。




反応
おいmicrosoft見てるか?
スマホにwindows10を入れやすくするようにサブスクリプション型ライセンスと、アプリの配布お願いします

まさにロマンを求めるギークなネタ

エロゲーが捗るな

サービス終了したMMOがやりたいんだよスクエニさん・・・。

ノベルゲームならスペック低くても余裕で遊べるだろうな。