ニンテンドースイッチ






ニンテンドースイッチ販売台数が3,474万台を突破―ニンテンドー64を超える | インサイド

任天堂は、同社のゲームハードの2019年3月末時点での販売実績を公開し、ニンテンドースイッチの販売台数が3,474万台を突破したことを発表しました。

これはニンテンドー64の3,293万台を超える記録で、Wii Uの2.5倍近い値となります。なお、3,474万台に次に近い記録となるのはスーパーファミコンの4,910万台。ニンテンドースイッチのハード売上は2018年12月末時点で3,227万台と発表されており、2019年に入ってからの3ヶ月ほどで200万台近くを追加で売り上げた計算です。


残念ながら下方修正した計画を更に下回ったみたいですが、少なくとも2019年はPS4も下火でしょうし中国市場が軌道に乗ればWii越えの1億台も見えてくるでしょう。たぶん。