電力自由化






電力自由化3年余 新電力に切り替えた家庭 12%にとどまる | NHKニュース

家庭向け電力の小売りが自由化されて3年余りがたちました。この間、大手電力会社から新規の事業者=新電力に契約を切り替えた家庭の割合は12%にとどまっています。

家庭向け電力の小売りは2016年4月から自由化されました。国に登録した事業者の数はおよそ600社に上っています。

電気料金のプランもさまざまなものが登場しています。

例えば、基本料金がなく使った分だけ支払うタイプや、定額制、電気料金が無料となる時間帯を設定したものなどです。

ただ、契約の切り替えは伸び悩んでいます。経済産業省によりますと、ことし1月時点で、新電力に切り替えた家庭の割合は、販売電力量でみて、全体で12.2%にとどまっています。

首都圏や関西では切り替えの割合は比較的高いものの、地方では進出企業も少なく、低迷しています。

反応
切り替え手続きがめんどくさい
手間を考えたら今のままで良いや

月平均5千円くらいだと切り替えるメリット皆無なんだもん

電力網は既存だからね

月100円200円安くなるくらいだと微妙だな。

我が家は近いうちに俺を世帯主に切り替える予定なので、その時に色々と契約しようかと。