ゆたぼん






「少年革命家YouTuberゆたぼん君に言いたいこと 」メンタルドクターSidowさんがアップした動画に賛同集まる | ニコニコニュース

ネット上にていろいろな憶測も流れるなど、物議を醸している少年革命家ゆたぼんであるが、「精神科YouTuber」のメンタルドクターSidowさんは5月8日に

少年革命家YouTuberゆたぼん君に言いたいこと。 言いたいことは色々あるけど、これだけは分かって欲しい。

とツイートし、1分ちょっとの動画をアップした。

精神科医の立場より、「学校に行きたくても行けない子」と、ゆたぼんの「学校に行きたくないから行かない」は違うものであるとし、「不登校の代表の人のように、『不登校の子を救いたい』と言うのはやめて欲しい」と語る。そして、

「不登校は不幸じゃない」
それはその通りです。

ただ、不登校の議論は本当は学校に行きたいけど行けない子の障壁をどうやって解決するか、大人や社会が考えてシステムを作る必要のある問題だと思います。

行きたくないなら行かなければいい、というのは思考制止であり本質的な解決ではありません。

とツイートを続けた。

反応
さぁ、正論になんと返すでしょうか?「子供に寄って集ってケチをつけるのが大人のやることか?」以外の返答を親父はしてください。(批判に対しての返事が全部コレだからw

まぁ正論だねぇ。個人的には「家や塾で勉強して相応の学力身に付けられるなら学校なんか行かなくていい派」だけど、「宿題嫌で学校行かない」なんて子は絶対勉強しないでしょ。

まぁ、こいつの背後はあれ系だから……今年の流行語だろ。

ぐうの音も出ない正論。あとコイツを不登校の人として扱ってほしくないね。他の不登校の人は精神的な原因やなんやらで不登校なんだからコイツみたいなふざけた理由で不登校してるのと一緒にするべきでない。コイツは言うのであれば...登校拒否?小卒希望者?そんなかんじ?

結局は宿題がイヤで学校サボるための口実にしてただけだしな。あとは一緒くたにされて『行きたくても行けない』不登校の人たちに迷惑が掛からないことを祈るよ

案の定オモチャにされてて草。 イジメを受けても登校せざる得なかった人もいるのに。 宿題が嫌と言う理由だけで、自ら不登校になるろくでなしが何言っても説得力ないだろ。

ゆたぼん君も、上級国民に続く今年の流行語大賞の候補やな。