カドカワ






カドカワ、18年度は最終赤字40億円 ドワンゴの「テクテク」低迷、niconico有料会員は180万人に減少 - ITmedia NEWS

カドカワが5月14日に発表した2019年3月期(18年4月~19年3月)の通期連結決算は、売上高が前期比0.9%増の2086億500万円、営業利益が13.9%減の27億700万円、最終損益が40億8500万円の赤字(前期は10億3800万円の黒字)に転落した。

 KADOKAWAの出版事業は電子書籍販売が好調で増収増益だったが、不振が続く子会社ドワンゴの構造改革に多額の費用を投じたことが響いた。ドワンゴは位置情報ゲームアプリ「テクテクテクテク」の収益化に失敗した他、動画サービス「niconico」の有料会員の減少を食い止められず。3月末の有料会員数は180万人と、18年12月末から8万人減った。

反応
ドワンゴがお荷物すぎる。超会議とか言う学芸会を未だに嬉々としてやっている事に底の浅さが伺える早くころせばいいのに。


ドワンゴ完全にお荷物だなあ。みんなー、プレミアム会員に戻ろうよー

ニコニコが縮小していくのは防げないとしても、オタク(課金する奴)の大部分はノンアクティブの引き籠りか隠れオタクだって事を理解した方がいい

どれだけニコニコ有料会員減るのだろうか。。

プレミアム会員はとりあえず継続だけど、今後はどうなるかわからん。