不登校






小学生がYoutuberとなって不登校宣言。我が子がこう言ったとき、親はどうすべきか? | ハーバービジネスオンライン

沖縄県の小学校に在籍する、ゆたぼんと呼ばれる10歳の小学5年生が、学校に行くことを拒否し、Youtuberとして生きていくことを宣言した動画が話題になっています。

 義務教育中の、しかもまだ10歳の小学生が、学校での学びを拒否し、動画を配信するという事態に、新聞やテレビなど、マスコミが取り上げて、子どもの自立を促すとか、新しい子育て法とか、既存の学校教育に捕らわれない生き方として称賛される一方、ネットでは子どもを甘やかしすぎとか、父親が子どもをだしにして商売をしている、10歳の子どもが自らの生き方を決定するのは異常など、賛否が問われています。

反応
いやこのガキのはそんな深い話じゃねーから。宿題やりたくなくて怒られた事を無理やり不登校問題にこじつけてるだけだから。

子に憎まれてでも、躾・教育するのが親の責任です。躾・教育をしないのは育児放棄であり、児童虐待です。

だからあれは親が最初から行かせてないし機材と台詞を用意してそう言わせてるんだってば。 世の中の不登校とは別物よ。

人間関係由来の不登校以外は有無を言わさず学校へ行かせろ。

学校に行こうと思えばいつでも行ける人間が不登校の代表を宣言するのは、趣味で節約生活を楽しんでる金持ちが貧困の代表を語るくらいおかしい。

子供が「宿題やりたくないから学校行かずにYouTuberになる!」なんて言ったらPCもスマホも取り上げてケツ引っ叩いて放り出す.自分ひとりで生きてみろ.

あくまでゆたぼんの場合は特殊だからねぇ。あれを不登校の代表例とされるのが一番問題やと思う。