悲しい






日本のスマホ4社の1年間の出荷台数はファーウェイの2週間分に...|レコードチャイナ

2019年5月15日、中国のテクノロジー系メディアの快科技は、「日本のスマートフォンメーカー4社(京セラ、シャープ、ソニーモバイルコミュニケーションズ、富士通)の1年間の出荷台数は、中国の華為技術(ファーウェイ)の2週間分にも満たないことになる」と報じた。

記事はまず、日本の電子情報技術産業協会(JEITA)が15日に発表した、2018年度累計(2018年4月~2019年3月)の携帯電話国内出荷台数について伝えた。

それによると、2018年度累計の出荷台数は前年比17.4%減の1452万4000台で、うちスマートフォンは同18.9%減の961万5000台だった。

記事は「1000万台に満たない(スマホの)出荷台数を支えているのはソニーモバイルだ」とし、「同社の発表によると、2018年度のスマホの出荷台数は前年比52%減の650万台だ。つまり、ソニーモバイルがだめになれば、日本のスマホ産業全体がだめになると言うことができる」とした。

そして、「それとは対照的に、ファーウェイの昨年の出荷台数は2億600万台で、今年は2億5000万台を目標としている。1週間当たり約500万台を出荷する計算になり、日本のスマホ4社の1年間の出荷台数はファーウェイの2週間分にも満たないことになる」と伝えた。


それでもソニーはまだ売れている方なんやな。