地震






地震予知失敗、100回中99回 南海トラフで学者回答 | 共同通信

南海トラフ巨大地震について、事前に発生する時や場所、規模を正確に言い当てる直前予知を100回試みても99回程度は失敗すると日本の地震学者が考えていることが、林能成関西大教授(地震学)が行ったアンケートで19日、分かった。

 観測データを基に危険性を判断するのが地震学者で、予知の実用化が不可能に近いことを改めて示す結果となった。

 林教授は、予知の難しさが市民や行政担当者に正しく伝わっていないと指摘。「突然の地震でも被害を少なくする防災を進めるのが先。予知を防災の前提としてきた過ちを繰り返さないようにすべきだ」としている。
反応
突然、大地震がきても大丈夫。にするしかないか。

予知出来ても数秒前でしょ。あまり意味無いんだよね。突然の地震にも対応出来る対策が必要。予知も数日前なら良いんだけど。有珠山噴火の予知みたいに。

その通りだ。
予知しようが地震を防ぐことはできず、必ず甚大な被害がもたらされる。
それなら、予知より防災・減災に国・自治体は注力すべき。

衛星から全てを見渡せても明日の天気すらまともに予測できないのに、観測手段壊滅な地中の現象とか予測しようがないからね。

南海トラフに固執しても意味ないって事すな。全国くまなく注視してくれ

何99回失敗ってwwww
もう100%不可能ですって言えばいいじゃないw

即死するなら地震もありなんやけどな。中途半端がよくない。