デマ






https://twitter.com/gomachan_ks/status/1130081272850657280













焼き肉を食べる前、レモンを網に塗ると肉がくっつかないらしい → 実際にやってみた結果…! | ロケットニュース24

心なしか、いつもよりもくっついていないようには感じた──のだが、衝撃の稲妻が落ちるほど大きな差は確認できなかった。とはいえ、レモンを塗った上で焼いた肉は焦げていてもサッと取れたので「しまった、焼きすぎた!」なんて時には効果が抜群なのかもしれない。

焼肉のレモンは「網に塗る」もの!? 焼肉店やレモン関連会社に取材した結果… – ニュースサイトしらべぇ

■焼肉店の答えは…

まず、叙々苑の広報者は「網に油が塗ってあり、そこにレモンを塗っても意味がない。レモンを塗るということも聞いたことがない」と話す。また、同じく焼肉チェーンの牛角は「焼肉メニューには、そもそもレモンがついていない」と回答。

焼肉きんぐは、「ごくたまに網にレモンを塗っている方がいる。当店では各店舗のおせっかいポリス(的確な焼き方などをアドバイスしてくれる店員)が、一番おいしく楽しめる方法をお伝えしている」という。

そのポリスも焼きあがる前にレモンをかけることをオススメしているが、「お客様のベストなやりかたで楽しんでいただきたい」そうだ。

■レモンのプロにも聞いた

それでは焼肉におけるレモンの効能とは何なのか。『レモスコ』など、レモン関連の食品を製造するヤマトフーズに聞いてみたところ、「レモンにはツイートされているような効果はない。肉の脂をあっさりさせるので、かけて食べたほうがよい」と話した。

また叙々苑を取材した際に担当者が明かしてくれたのは、焼肉とレモンにまつわるエピソード。約40年前銀座のホステスが来店したとき、「焼肉にレモンをかけて食べたい」という要望があった。

それを試してみたところ美味しかったため、以降はレモンだれを出すようになった。これが「焼肉にレモン」の始まりとされているそう。ちなみに、食後のアイスクリームや帰りに渡すガムも最初に始めたのは叙々苑だという。


タン用だと思ってたけど。