LINEPay






LINE Payの“300億円祭” 受け取りを拒否する人も 「詐欺かと思った」「本人確認が面倒」 - ITmedia NEWS

 LINEが5月20日から始めたモバイル決済サービス「LINE Pay」のキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」は、友達に“タダ”で送金できることから、SNSなどで盛り上がりを見せている。しかし、一部の利用者は「詐欺かと思った」「(登録の)本人確認が面倒」と困惑しているようだ。

同キャンペーンは5月20日から29日の期間中、自己負担なしでLINE上の友達に1000円相当の電子マネーをプレゼントできるもの。何人でも送れるが、一人が受け取れるのは一度(1000円)だけ。期間中であっても、送られた電子マネーの総額が300億円に到達した時点でキャンペーンは終了する。

 1000円相当の電子マネーを受け取り喜びの声を報告する人もいる一方で、「知り合いに送ったら詐欺だと勘違いされた」「1000円をもらうために、本人確認(LINE Payの登録)作業をするのは面倒」といった声もある。

「LINE Payカードが残高不足で使えない」困惑の声も “300億円祭”でもらえる「LINE Payボーナス」の注意点 - ITmedia NEWS

LINE Payボーナスは、通常のLINE Pay残高と同じくLINE Pay加盟店のコンビニやドラックストアでの支払いや、LINEでつながっている「友だち」への送金などに使える。



しかし、銀行口座への出金やATMでの引き出しはできず、プリペイド方式の「LINE Payカード」や決済サービス「QUICPay+」の支払いにも利用できないので注意が必要だ。利用規約によると、使用できる期間はボーナス付与から2年間。また、支払時にはLINE Payボーナスが優先的に利用される仕様だ。

反応
個人的にキャッシュバックのほうが嬉しかったです。

本人確認のめんどくささはあるけど、確認方法が進化してて、感動すら覚えた。

本人確認、口座紐付けのハードルは高いけど、早く広まってこの世から現金消えてほしい。

なるほど、案外無視されるのも多そうだ。300億円は確か「送付された」時点でカウントだから、失効する分を考慮すれば、LINEの実投資額はずっと少ないのかもしれん。

俺も知人や妹とかに送ったけど久々にトークしたのでいいキャンペーンだったのかなと。利用期限は2年間だけど、優先的に使われるみたいなので、コンビニあたりで1000円以上使った方が気楽やな。