不正統計






毎月勤労統計で新たなミス | 共同通信

厚生労働省は24日、毎月勤労統計の計算に使う数値を誤り、2018年7月以降の確報値を再計算していることを明らかにした。「影響は小さい」としているが、同日予定していた18年度平均と19年3月分の確定値の公表を延期した。

反応
国家として異常事態。本当にミスなのか疑念が拭えない。

ミスを犯して放った言葉
「影響は小さい」
ろくに調べもせず、反射的に矮小化する厚生労働省。

厚労省は「影響は小さい」としているけど、自分たちがデータをねつ造することに慣れているため、感覚が麻痺し、重大性が全く理解できていないとしか思えない。

影響がでかいので公表は参院選後に、としか読めねえよ。

新たなミスじゃなくて、新たな捏造が発覚した、が正しいんじゃないの?

これはミスやなく、意図的なもんやろ。