タバコ






「たばこ購入は佐賀市内で」 市役所のポスターが話題:朝日新聞デジタル

佐賀市役所1階の市民向けの喫煙所に「たばこを購入される際は、佐賀市で購入をお願いします」と呼びかけるポスターが2枚貼ってある。ツイッターに画像とともに投稿され、ネット上で賛否両論の話題になっている。

 市企画政策課によると、ポスターを貼りだしたのは昨年7月。税収や広告収入など歳入増を目指す課内グループの議論で、たばこ税が議題に。たばこを吸う人には市内での購入を呼びかけることになった。他県の事例を参考に職員がパソコンでポスターを製作。喫煙所に張り出した。

 今月23日、ツイッターに「禁煙ブームの中、このポスター貼る開き直り方すこ(すごい)」と投稿され、約1万5千件の「いいね」がついた。同課にも「喫煙を推奨している」などの意見が届いたという。

 たばこ1箱が480円の場合、約114円が市税になるという。担当者は「遊び心はなく、真面目な気持ちで作りました」と説明。喫煙所は7月にポスターとともに撤去されるという。



反応
正直な思いは伝わりそう。良い広告。”

入りの方だけ(税収)言うのではなく、社会保障その他の負担(支出)も示さないと。タバコに関しては、入りより出の方が遥かに多い。

たばこ購入は市内でって、一昔前はタバコ屋さんの店頭なんかによく書いてあった気がする。

「タバコは地元で買いましょう」という標語自体は大昔からあるよね。数値目標流行りの時代にぴったりなのでは?

今でも吸い続けている人はやめられないだろうし、一箱1000円でもいけるんじゃないかな。