クラウドゲーム






国内クラウドゲーム市場、4年間で約11倍の成長見込み 22年には125億円に到達へ | ニコニコニュース

ゲーム情報誌「ファミ通」を発行するGzブレインはこのほど、ゲーム市場規模に関する調査結果を発表した。2018年の国内ゲーム市場は過去最高の1兆6704億円。うち国内クラウドゲーム市場は11億円(約0.07%)だったが、20年に28.6億円(18年の約2.6倍)、22年には125.9億円(約11.4倍)に急拡大すると予測している。



米Appleは、定額制のゲーム配信サービス「Apple Arcade」を今秋から世界150カ国以上で開始予定。米Googleは、有料のゲーム配信サービス「Stadia Pro」を11月から日本を除く14カ国で展開する。米Microsoftはソニーと提携し、「Xbox」「プレイステーション」シリーズ向けタイトルを「Microsoft Azure」上で提供するサービスの共同開発に乗り出している。今後、こうしたサービスが続々と日本に参入し、普及が進むとみられる。

反応
ネットで支払って、ネットで入手、モニターで視聴、って時代だから、言語の壁だけが日本のメーカーの救い

その結果今のハードやパッケージがプレミア品位なるから今から大事に保管しておこう

ゲーム機を買う時代じゃなくなっていくのかねぇ

どういう見方したらそうなるんだよ まぁファミ通だし信用性はないな

まぁ市場規模見込みは適当だから話半分として、Stadiaが日本に来るのが待ち遠しいな。無料プランでどれだけ遊べるのかが楽しみ。