男余り






「未婚男性」は未婚女性より340万人多い 「男余り現象」 - ライブドアニュース

どう頑張っても、結婚できない男性が300万人もいます。

実は、未婚男性と未婚女性の人口差は、全年齢合計で約340万人もあります。20~50代に限定しても約300万人、未婚男性が多いのです(2015年「国勢調査」)。

つまり、日本全国の未婚女性がすべて結婚したとしても300万人の未婚男性には相手がいないということです。もっとも、未婚女性全員が結婚するわけではありませんから、実際にはもっと多くの男性が余るという計算になります。これが、「男余り現象」というものです。



1980~2015年の35年間の婚姻中、初婚夫と再婚妻の組み合わせは全婚姻数に対してわずか6%弱にすぎません。結婚相手の対象を再婚女性に求めたところで、残念ながら、300万人の未婚男が結婚できる道はほぼないといっていいでしょう。

反応
なんか 余り という言い方がやだなぁー

自分を支えるだけで精一杯よ だから、幸せにするなんて無理無理…

どう頑張っても、結婚できない男性が300万人もいるっていう書き出しで絶望。 「

結婚よりも今日の飯代のほうが問題。
それが、今の日本です。

モテる男性は何度も結婚出来て、モテない男性は一度も結婚出来ない。
まっ、当たり前のことですね。

未婚男性が余りが多いと言うが、それは世代や雇用形態にもよると思う。一番未婚男性が多いのは30代半ばから40代の就職氷河期世代、結婚したくても女性と付き合いたくても非正規やブラック企業の名ばかり正社員など不安定要素が多く収入も不安定で女性に相手にされず交際さえ出来ない。

そりゃ男が虐げられるわけだ。少子化対策には一夫多妻制しかないんじゃね?