人口






日本の人口、2100年に7500万人 減少見通し加速:朝日新聞デジタル

 国連人口部は17日、世界人口について、2057年に100億人を突破する一方で、日本の人口は58年に1億人を下回り、2100年には7500万人になるとする推計を発表した。国連人口部が2年ごとに発表するもので、前回の17年は日本の人口が1億人を下回るのは65年としていたが、今回は7年早くなった。

 推計は国連人口部が各国・地域のデータを基に独自に算出。現在77億人の世界人口はアフリカや西アジアを中心に増える一方で、日本や東欧諸国など26カ国・地域で50年までにそれぞれ1割以上減るとした。平均寿命は現在の72・6歳から50年には77・1歳となり、同年の世界人口97億3500万人のうち65歳以上が15・9%を占める見通し。

 日本の人口減と高齢化は際立っている。17年の推計では2100年の日本の人口は8450万人だったが、今回は7500万人に下方修正。65歳以上1人あたりの25~64歳の「現役世代」は、現在1・8人で世界最低だが、50年には1・1人に減るとしている。

反応
人口減少ペースを緩く見積もってね?と疑問はあるけど、いずれにせよ人口ピラミッドの逆三角形は継続だろうし人の労働負担も減らないままという地獄しか見えない

2100年といったら、いま生きている日本人の大半は死んでいることになるが、その頃になると、移民が大幅に増えているはずで、単純な国民数だけでは判断できないだろう。

世界は増えるけど日本は減る

子孫のことを考えると、このまま日本にいて大丈夫かなあって気になるね…

もはや日本の統計は信用できないがこれは国連の統計。相変わらず政治家は「産まないのが悪い」と言って無策を続け直近の選挙ばかりに汲々とするのだろうな…

日本なら地方と都会や年齢構成のバランスがよければ5000万人ぐらいでも多いぐらいのような気もするけど、現実は働ける人間は都会だけに集まり、地方は老人だけになるんだろうな。どちらにしても確実に死んでいるからどうでもいいけど。1億人割れのニュースが発表された時は微妙なときやな。