ふむ






「老後2千万円」で実際にいくら必要?夫婦や単身者などのケース別 - ライブドアニュース

シングルで会社員の場合

 最後に、単身で厚生年金のパターンです。

 このケースでは、65歳からの標準的な厚生年金額は月額15万6496円、65歳から90歳までの年金の総額が約4695万円になります。

 老後の生活費はどのくらいかかるでしょうか。

「総務省家計調査2017年」によると、高齢単身無職世帯の1カ月の消費支出および非消費支出の平均額は15万4742円です。こちらから65歳から90歳までの生活費の総額を出すと、約4642万円。先ほどの年金の総額から計算をすると、53万円のプラスになります。

 よく単身だと老後が不安という声を聞きますが、お金のかかるイベントも少ないので、数字を見ると、なんとかしのげる計算になります。もしもの時に、頼れる知人や友人がいるとさらに安心です。

 老後に必要な資金は、このように老後の生活費と年金額から試算することができます。あくまでも一般的なシミュレーションなので、より自分の家計にあった老後の生活費を算出するには、現役時代の生活費の7割を目安にするといいでしょう。年金額は、前出したねんきんネットで将来の年金額をもとに試算すると、老後に必要な資金をより正確に算定することができます。厚生年金額は報酬額によって大きく変わりますし、国民年金の場合も収めた期間によって金額が大きく異なります。

 また、先に書いたとおり、生活費は賃貸か持ち家かによって金額は大きく変わります。さらに、医療費や介護などの備えとして、1000万円前後備えておきたいところです。

反応
貯金なしで年金だけで若いころと同じように生活できたことなんてない
それが高齢化で悪化する
知っているのに繰り広げられる政治家とマスコミの茶番

100年時代と言う幻想は止めた方が良いか?
いくら100年と言ってもベット上で生かされては意味を失う。

喰い詰めたら死ねばいいじゃねーか。
覚悟はできています。

おめーら、無駄使いしないで貯金しろ
という金融庁様命令です

政府も単身パターンとか提示すべきだよね。夫婦で出されても「俺には関係ない」ってなってしまう。