2100年






環境省が「2100年 未来の天気予報」公開。東京の最高気温は43.3℃ - Impress Watch

環境省は、地球温暖化対策による影響等を伝えるための、「2100年 未来の天気予報」(新作版)を、「COOL CHOICEウェブサイト」で公開した。気象キャスターは小島瑠璃子さんが務める。




反応
熊谷はどうなってんだろうなぁ 52℃とかなってんのかなー

あほらし・・・2100年は、自然災害の影響で日本列島の地形が変わってるだろうし、いつまでもお米を主食で食べてるとも思えない!!人口もだいぶ減ってて、地方はさらに過疎化が進んでると思うのだが??

私は、夏場の気温測定は、操作があると思ってます。だったら、せめて全ての都市の日当たりの良い場所にも設置すべき。
43℃は昨年の時点であったと思います。つまり、ラニーニャになれば、その位はもう到達してます。

化石燃料を使い果たしているはずなので、温暖化は止まっていると思う。逆に、現在よりも平均気温が下がっていると思う。

2100年は生きてないので!海抜が低い所は水没するかも?

2100年予想では熊谷は44℃らしいけど、いつもの小細工で50℃越えとかやってそう。