家族






「夫婦と子の家族」は今や3割弱しかいない現実 | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

かつて標準といわれた「家族」が消えつつあります。

「夫婦と子ども2人」からなる核家族のことを標準世帯といいました。世帯の中心は、この「夫婦と子」世帯であり、その構成比は1990年の国勢調査時点で4割近くもありました。しかし、それが25年後の2015年には27%まで激減しています。

激減した夫婦と子の家族の代わりにトップに立ったのは、単身世帯(一人暮らし世帯)です。単身世帯の構成比は、今や35%にまで増えていますが、この傾向はますます加速します。国立社会保障・人口問題研究所によれば、2040年には約4割が単身のソロ世帯となると推計されています。逆に、夫婦と子世帯は23%にまで構成比が下がります。

反応
色々と考えさせられる記事だったけど、そうなるならそれをポジティブに繋がる仕組みを考えないといけないね

数字で見るとインパクトあるな。ソロ社会の本格化

ついに我々がマジョリティに。

良かったー、ソロでも怖くない

いつまで古臭い家族の形に拘るんだろうね。だから少子化も解消しない。シンママを国や社会全体で支える政策しろ

現時点でも単身世帯がマジョリティなんだよなぁ。そのくせ「老後2000万円」でもそうだけど、老後は夫婦ですごす前提なのが歪すぎる。俺たちバブル世代が老後を迎える10~15年後には考え方も少しは変わるかもだけど。