シバター






YouTubeが炎上・侮辱禁止になってシバターの芸が封じられる | netgeek

YouTubeの規約が変更され、過激な内容に制限がかかったと騒ぎになっている。致命的なダメージを負いそうなのはシバターだ。



シバターは端的に「悪口禁止」と捉え、不服だと語っている。

「Youtubeひどいよね。だって『好きなことで、生きていく』と煽っておいて、人の悪口が好きな人は駄目なの?悪口を言う自由をみんなから奪うなんて酷いよね…。僕はもうYouTubeにいれないかもしれない。俺のコンテンツの7 8割が悪口でできてるから…。だからもうYouTubeは引退しようかなと思ってます。YouTube6年ぐらいやってて、本当悲しいよ…」

どこからどこまでが許容範囲なのか分からないのが難しいところ。例えばこの動画もまた「Google(Youtube)の悪口を言っているのでアウトなのではないか?」という見方がコメント欄に書き込まれている。

反応
まぁ時として悪口は名誉毀損という立派な犯罪になりうるからある程度の線引きは必要だったんだな今の時代

1カ月後、そこにはYouTuberをべた褒めで皮肉るシバターの姿が

人の悪口言いたいじゃんって泣かれてもねぇ(笑)

悪口でしか満たされない。と言うパワーワードw Youtube悪口を言う奴を排除する自由

まぁ確かに悪口が好きな人っているよね。許されてないけど。