加藤






加藤提案の「エージェント契約」 売れていない芸人にはデメリットも(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

加藤が提案したという「エージェント契約」は、ハリウッドや大リーグなど海外では一般的でも、日本の芸能界においては極めて異例。経営アドバイザリー委員会の川上和久座長(61)は8日の会合後に「仕事の獲得や報酬の交渉など、タレント個人がマネジメントを行う契約」と説明した。

 タレントが個人的に雇った代理人がマネジャー役を担うため、仕事のチョイスは自身の意思が最優先となるメリットがあり、「直営業」も実質的に可能になる。だが、そのメリットは元々仕事が選べる売れっ子芸人に限られている。売れていない芸人には逆に仕事が回ってきにくくなるというデメリットも指摘されており、従来の「マネジメント契約」も選択肢として残される。

反応
契約に全ての人が納得できるものなんでないし、選択できるのは良いことだと思う。売れてない芸人さんは大変だけど、実力社会だから仕方ない。サラリーマンじゃないんだし。

よく分からないのだが、結局加藤さんくらいの超大物ではないけど名の知れた人達がもっと自由にできる制度ってことじゃないの?

加藤は知名度もあり安定した仕事を現在されているので、新しいエージェント契約を提案その契約で残ることにした。しかし、売れてない芸人にはこの契約は厳しそう。つまり、加藤は、自分にとっていい契約形態を考え実行させたということかな。つまり、自分のため。

正直今回の騒動で会社に苦言を言った人は明らかに終わりだろうね。
あれだけ騒いだ以上エージェント契約をせざるを得ないだろうけど、
代わりに自分の名前だけで仕事を取って全部やらなきゃいけないってこと。

最初から売れない芸人が生活できるようにはならんのはわかってた。