こわい






時の人となった『フォートナイト』少年チャンプが“スワッティング”被害 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

先日行われた、人気バトルロイヤルシューター『フォートナイト』ワールドカップのソロ部門で見事優勝し、賞金300万ドル(日本円にしておよそ3億2,000万円)を獲得した16歳のKyle Giersdorf選手。一躍時の人となった同選手がスワッティングの被害を受けました。

海外メディアKotakuによれば、Giersdorf選手が2019年8月10日にTwitchにてゲームプレイ映像を配信していたところ、彼の父親から「ドアの所に武装した警察がいる」とする発言が。そのままゲーム映像配信は一時中断されましたが、しばらくの後Giersdorf氏はPCの前に戻り、実際に警察がやってきていた旨をコメント。いわゆる“スワッティング”犯罪の被害にあったことを報告しました。具体的に物理的な被害を受けたことについては言及されておらず、怪我もなく平和的な解決になった模様です。

“スワッティング”とは、ストリーミングライブ映像配信者などに対し、虚偽の凶悪犯として警察へと通報を行う犯罪行為。ケースによっては無関係な一般市民が射殺される事態も発生しています。高い人気を持つ『フォートナイト』だけに、目立ったユーザーに対し行われることも十分に考えられた同行為。今後エスカレートしないことを願うばかりです。

反応
日本とか他の国だとこういうの聞かないな
顔出し配信が原因なのか

スワッティングが向こうではかなり頻発してるけど嘘の通報をした人は捕まらないのか?
スワッティングされたっていうことは記事になるけどスワッティングをした人がどうなるのか記事にならないからよく分からない。

なんだかんだでマスクとかは有効なんかもな。