不審者






不審者ってどんな人要!?注意人物の4つの特徴と3つの行動パターン(LIMO) - Yahoo!ニュース

凶悪犯罪を起こすかもしれない要注意人物の場合は、いくつかの特徴と行動パターンがあるといいます。まずは要注意人物の4つの特徴について見ていきましょう。

【要注意人物の特徴1】服装や持ち物に違和感を感じる
凶悪犯罪を起こすかもしれない要注意人物で一番多く報告されているのが、人物と服装や持ち物がマッチせず、「違和感を感じた」という特徴です。最近では京都アニメーション制作会社をガソリンで襲撃した世間に大きなショックと衝撃を起こした事件が発生しました。

その犯人は、犯行に及ぶ直前に赤いTシャツ姿でバケツをのせた台車を押す姿が報告されています。

【要注意人物の特徴2】リュックやバッグを持っている
凶悪な犯罪を企んでいる人物は素手で犯行に及ぼうとはしません。過去の凶悪事件を振り返ってもリュックやバッグ、袋などを所持し中に危険なものを隠し持ち道具を使って犯行に及んでいます。

【要注意人物の特徴3】マスクや帽子で顔を隠す
要注意人物の特徴で、顔を隠すようにマスクや帽子をかぶる人物も多く報告されています。心理学の専門家によると、この手の凶悪犯は犯行後に逃げ切ることを目的としている場合があるそうです。

【要注意人物の特徴4】運動靴など逃げやすくしている
この特徴も先ほどと同じく犯行後に逃げ切ることを目的としている場合があると考えられます。実際に検挙された凶悪犯は、スニーカーや運動靴などを履いていたケースが多かったといいます。当然ですがサンダルやハイヒールでは逃げづらいです。

「要注意人物の3つの行動パターン」
【要注意人物の行動パターン1】公園のベンチに長時間居座る
公園のベンチに長時間居座るという行動は、「京都アニメーション制作会社放火殺人事件」の犯人もとっています。

【要注意人物の行動パターン2】同じ場所を頻繁にウロウロ歩く
なんども「京都アニメーション制作会社放火殺人事件」の犯人を題材にしていますが、あれほどの凶悪犯罪は過去に例をみないからです。その犯人が事件3日前から現場を下見した上で犯行に及んでいたことがわかっています。このように凶悪犯は場当たり的な犯行をすることは少ないといわれていて、事前に下見をして現場やターゲットを見定め、その時間帯を狙い犯行に及ぶといわれているのです。

【要注意人物の行動パターン3】人と目を合わせない
要注意人物は自分の行動が重罪につながることを認識しています。そのため他人と目を合わせたり顔を合わせたりすることを無意識のうちに避けているのです。

反応
結局これという決定的な特徴はないと

お城を探して散策しているときの私の服装、行動そのものだ。今の所大丈夫だけど、いつか通報されるのかも

確実に言えるのは、知らない人には声かけないとか、ついていかない、知らない人から声かけられてもシカトした方が良いとそれだけしか言えないと思うよ。

じゃあ、いつもマスクつけてる人はそうだね、最近多いけど

身なりでは判断できんってことやん。