トライアスロン






トライアスロン 五輪・パラ テスト大会で選手が熱中症の疑い | NHKニュース

東京オリンピック・パラリンピックでトライアスロンの会場となる東京のお台場海浜公園で、テスト大会を兼ねた国際大会が始まりました。暑さ対策として急きょ走る距離を半分にしたものの、海外から参加した選手1人が熱中症の疑いで病院に搬送されました。日本トライアスロン連合の大塚眞一郎専務理事は「東京オリンピックで午前7時30分としているスタート時間をさらに早めることも検討したい」と話しています。

(中略)

暑さ対策として、ランのコース上では給水所の数を増やしたほか、水を霧状に吹きつけるミスト装置も設けられるなどの措置もとられましたが、レース後、フランスの選手が1人、熱中症の疑いで病院に搬送されました。

レースは、日本選手3人が出場したものの、いずれもスイムとバイクで大きく出遅れ、最後のランで巻き返した高橋侑子選手が1時間43分44秒で23位になったのが最高で、16位以内に入ればオリンピックの代表に近づいただけに厳しい結果となりました。

(中略)

日本トライアスロン連合の大塚眞一郎専務理事は、「東京オリンピックで午前7時30分としているスタート時間をさらに早めることも検討したい」と話しています。

反応
えーと、本当にオリンピックやるの…?

もう、エアコン効いた会場でやれるような競技以外はみんな夜やれば。

選手が熱中症で倒れたのに 開始時間を早めるとか さらっと流そうとしてるところが怖い

やはり東京五輪・パラは返上だ!!!

トライアスロン選手って特に暑さとかに強い印象あるんだが・・・