ドラクエ






「小説ドラゴンクエストV」の無断使用を巡る訴訟 専門家の見解は - ライブドアニュース

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」(8月2日公開)の製作委員会が主人公の名前を「小説ドラゴンクエストV」から無断で使用したとして、著者の久美沙織氏から訴えられている。

 久美氏は、ゲームでは主人公の名前を自由に創作できるため、映画の主人公の名前「リュカ」は自分が創作したものだと主張。リュカに対する呼びかけは、小説の「リュケイロム・エル・ケル・グランバニア」から「リュカ・エル・ケル・グランバニア」と無断で改変して使われたとして、謝罪と使用許諾に関する事後契約、そして久美氏の名前をエンドロール等にクレジット表記することを求めているのだ。

(中略)

著作権法に詳しい龍村法律事務所の川野智弘弁護士に話を聞いた。

「『リュカ』この3文字を著作物と見ることは難しいと思います。一般的に、作中の登場人物やキャラクターの名前だけでは、原則的として著作権は認められがたいものですが、それに加えて『リュカ』という名前は非常に短く、それ単独で著作物性が認められるということはありません」

「リュカ」が著作物に当たらない可能性が高いということは、久美氏自身も理解しているようで、裁判の請求からは外している。しかし、映画で改変されて使用された「リュケイロム・エル・ケル・グランバニア」については、訴状で著作物にあたると主張している。

 これについても川野弁護士は、「やや長めの特徴的な名前なので、著作物と認められる可能性がゼロとは言えませんが、やはり印象としては厳しいのではないかなと思います」と分析する。「リュカ」よりは可能性があるものの、裁判所が“著作物”と認める判決を出す可能性は低いという。

 久美氏は文書の中で、「株式会社スクウェア・エニックスさまが著作物ではないと一方的に判断したら使い放題、というのでは、著作物か否かの判断が難しい一部分等が二次的使用されているかいないかを、クリエーター側が株式会社スクウェア・エニックスさまの販売物全てを点検して調べなければならなくなります。現実的には不可能です」と記している。

 この点についても、

「『著作物か否かの判断が難しい』部分の二次的使用の有無をチェックするのは確かに困難ですが、そもそも著作権が生じない部分については、スクエニに限らず、本来、誰でも自由に使用できますので、久美氏とスクエニとの契約内容の詳細は不明ですが、特段の合意がないのであれば、著作物ではないと判断した部分の使用に際して、事前の報告や同意まで求めることはできないのではないかと思います」(川野弁護士)

 と、著作権法での権利主張は難しそうだ。

 さらに久美氏は、「著作物でない成果物の無断使用が一般不法行為にあたるとの判示もあります」と文書の中で示唆しているが、これも判例を踏まえると、容易には認められないという。

「一般論としては、もちろん不法行為として保護される可能性はあります。ただ、2011年12月8日の北朝鮮映画事件最高裁判決が出て以降、その適用範囲について議論もありますが、著作権法の保護が及ばない情報の利用については、特段の事情がない限り一般不法行為による保護は及ばない、と判断される傾向にありますので、容易には認められません」(川野弁護士)

反応
小説版から名前を取ったのは明らかで、その名前が執筆時に会社側からオーダーされたものでないのなら、自分がつけた名前を何の連絡もなしに勝手に改変されて使用されているのは気持ちのいいものじゃないと思います。

法的にはともかく、道義的にはどうなんでしょうかね。

そもそも論だけど、スクエニ側から、主人公の名前を使いますよ、あるいは使わせてくださいって話があれば済んだ話なのに。
小説著者は、その辺ののスジの通っていないところに反論したいのだと思った

エンドロールまで作り終えてて、直すのが面倒だったのかな。スクエニ側もここまで拗れるとは思ってなかったのかもしれない。

この件が話題になったのは公開初日だったけ、今となっては知名度が上がっただけマシと考えた方がよさげ