喧嘩?






「終戦記念日?わからへん」「嫌な気持ちになるから番組を見たくない」戦争を知らない若者たちにメディアが語り継ぐためには | ニコニコニュース

74回目の終戦記念日を迎えた15日。安倍総理は全国戦没者追悼式で「戦争の惨禍を二度と繰り返さない。この誓いは昭和、平成、令和の時代でも決して変わることはありません」と述べた。

 日本人にとっては特別なはずの一日。しかし、渋谷を行く若者たちに聞いてみると、「8月15日?分からない。山の日?違う!」(16歳男性、高校生)、「海の日とか?祝日系じゃない?」(26歳女性、会社員)、「アホやから、わからへん。」(20歳女性、会社員)と、正解率はまさかの3割程度。終戦記念日であることを伝えても、「ちょっとした喧嘩みたいな?」といった答えも返ってきた。

反応
こればっかりは勉強できなさそうなの捕まえて聞くことじゃないだろう。分からない世代なのは分かるけども、アホやからはちょっと……。

仕方ねえよ。自分どころか両親までが生まれていない時代の話。そんな大昔のことをいつまでも反省反省反省……ってそりゃ若者は理解できんわ。「そういうポーズも必要」ってのは大人だからわかる事。

たった30年前に亡くなられた方をお前らの仲間の津田は歴史上の人と言ってたろ。なら70年以上前の出来事なんてただの歴史の一コマだよな。

クルクルパーが集まる渋谷で聞くのがそもそもの間違い

ちょっとしたではないけど喧嘩ではあったな。