メッセ






五輪で幕張メッセ使えず 恒例のイベント中止も | NHKニュース

イベントホールや国際会議場などを備えた国内最大級の施設、千葉市の幕張メッセは、東京オリンピック・パラリンピックの競技が行われ、長期間、利用が制限されるため、毎年恒例のイベントが中止を余儀なくされるなど影響が広がっています。

千葉市美浜区の幕張メッセは、東京オリンピックではレスリング、フェンシング、テコンドーの3競技、パラリンピックでは車いすフェンシングとテコンドー、ゴールボール、それにシッティングバレーボールの4競技の合わせて7つの競技が開催されます。

この準備や撤去にかかる期間も含めて、幕張メッセは来年4月21日から9月20日までの5か月間は施設の大部分で利用が制限されます。

この影響で、15万人以上が参加する毎年恒例の音楽イベント「サマーソニック東京」が来年の中止を決めたほか、千葉県内の小中学生や高校生がマーチング技術を競う大会は来年どのように開催するかがまだ、決まっていません。

このほか、例年この時期に行われているおよそ300件のイベントなどの主催者が、会場を県外に移すなど対応を迫られているということです。


ゲームファンにとって幕張メッセと言えば東京ゲームショウですけど、昔みたいに10月以降に開催とかだろうか。