ローソン






ローソン、「深夜に店員ゼロ」を実験へ QRコードで入店、セルフレジで決済 遠隔監視で万引き防止 - ITmedia NEWS

ローソンは8月22日、人手不足対策の一環で、深夜(午前0~5時)に店員をほぼ配置しない実証実験を「ローソン氷取沢町店」(横浜市)で行うと発表した。顧客はQRコードなどを活用して入店し、セルフレジで決済する。期間は23日から約半年間。

 利用を希望する顧客には、「ローソンアプリ」上で入店用のQRコードを発行する。近隣の顧客には、QRコードを印刷したカードを手渡す場合もある。アプリとカードを持たない顧客は、入り口付近のブースで顔写真を撮影した場合のみ入店できる。

 防犯対策として店内に防犯カメラを多数設け、外部の警備会社にモニタリングを依頼。万引きなどが起きた際は警備員が駆け付けるという。入店用のQRコードが顧客情報にひも付いているため、盗難があった場合は犯人の早期特定につなげられるとしている。顔写真をAIによって分析し、万引き犯を割り出す場合もあるという。



反応
無人だと、からあげクンとかのホットスナックが販売できないのかぁ。事前に注文できてロボットが調理して、入店時に受け取れるシステムとかが今後増えてくると嬉しいな

実現すれば巨大な自販機って感じになるのだろうか

そもそも個人が特定されているのだから相当な犯罪抑制効果がある様にも思いますが…。さてどうなるでしょう。

実際に運用されるなら田舎の方が需要は高いだろうな。

おもしろそう。問題も出るだろうけど、それも含めてどういう結果になるか興味がある。

ローソンのセルフレジは結構使いやすかったので、後は店舗内の隔離とかが課題なんかな。