LGBT






13人に1人はLGBT 職場で知っておきたい8つのこと|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

「LGBT(LGBTQ)という言葉は知っているけれど、詳しくは分からない」という人も多いのでは? まずは、私たちを取り巻くLGBTQの現状を知ることから始めましょう。

今、日本でLGBTQ層に該当する人は13人に1人といわれ、さらに最新の調査では「人口の8.9%、11人に1人」という結果もある。「これは左利きの人とほぼ同じ割合」と、電通ダイバーシティ・ラボ代表の伊藤義博さんは解説する。ただし、成蹊大学非常勤講師の石田仁さんは、この数値は「あくまでインターネット調査会社の回答者のなかでの割合とみなすべき。既に行われている性行動や性意識の調査では1~5%程度」と指摘する。

とはいえ、「顕在化していないだけで、周りに一定数の当事者がいる」という事実に変わりはない。「性は多様で揺らぎがあるため、数値だけでは測り切れない」と、虹色ダイバーシティ理事長・村木真紀さんは言う。社会学者の水無田気流さんも「男性と女性という2項対立ではなく、グラデーションと考えるべき。より細かく自分にフィットするジェンダーを手に入れられる社会になれば、皆が生きやすくなると思う」と提言する。

識者たちがそろって指摘するのは、法整備の重要性だ。「差別禁止法や同性婚などの法整備が進まない限り、LGBTが抱える差別や偏見といった本質的な問題は解決しません」(石田さん)。大切なのは、互いの違いを認めて、誰もがハッピーに暮らせる社会。「LGBTが生きやすい社会は、すべての人にとって生きやすい社会につながるはずです」(村木さん)

(中略)

「LGBT」はレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字を並べた言葉。「LGBTの人々」などのように、性的マイノリティーの総称として使われる。近年、多様なアイデンティティーの広がりにつれて、「LGBTQ」などと表記することも多い。

【L=レズビアン】性自認が女性で、性的指向が女性に向く人。
【G=ゲイ】性自認が男性で、性的指向が男性に向く人。
【B=バイセクシュアル】異性を好きになることもあれば、同性を好きになることもある。性的指向が男女どちらにも向く人。男女の区別そのものに疑問を呈する意味で、「パンセクシュアル(全性愛)」とも。
【T=トランスジェンダー】身体の性別(多くの場合は解剖学的な性別)に沿って出生届などで指定された社会上の性別と、自認する性別とが一致しない人。または、より積極的に既成のジェンダーのあり方に疑問を抱き、それを超越(トランス)しようとする人。対義語は「シスジェンダー」。
【Q=クエスチョニング】性別、性的指向、性自認、ジェンダー表現、どれか1つ以上の部分で、自分の性を決められない、決めたくないという状態にある人のこと。

【1】LGBTQの人たちは13人に1人、11人に1人とも
LGBT 総合研究所(博報堂DYグループ)や日本労働組合総連合会の2016年調査によると日本のLGBT層(LGBTなどの性的マイノリティー層)の割合は8.0%で「13人に1人」が該当する。電通ダイバーシティ・ラボが実施した最新の「LGBT調査2018(*1)」では、日本のLGBT層の割合は8.9%で「11人に1人」という数字だ。これは、たとえ存在が見えなくても「身近に確実にいる」ということを示している。数値が高い割に顕在化しないのは、「カミングアウトしづらい職場環境のほか、偏見を持たれそう、理解してもらえないと思う、といった理由が多いようです」(伊藤義博さん)

(*1):電通ダイバーシティ・ラボが2018年10月26~29日にインターネットで調査を実施。20~59歳の6万人にスクリーニング調査を行い、全国6229人(LGBT層該当者589人/ストレート層該当者5640人)から回答を得た。

反応
押し付けるな、それだけ言いたい

ないないw
まあ変態に関しては定義づけによっては俺も当てはまるかも知れんが

少なくともLGBは自分が男か女かはわかってるだろ

マジかよ、クラスに2人くらいはゲイやレズがいるってことかよ

こんなのどうやって統計とってるんだろ
11人に1人なら職場やクラス、親戚に数人はいる割合だろ

LGBTの人たちに対しては何もないけど、それを盾にしている連中が苦手やわ。表現の自由を盾に好き勝手やった津田大介みたいに。