ふむー






あおり運転殴打・宮崎容疑者も……「怒りをコントロールできない」のは病気のせいかもしれない(文春オンライン) - Yahoo!ニュース

こうしたニュースを目にして、宮崎容疑者が覚せい剤など違法薬物に手を染めているのではないか、あるいは何らかの病気を患っているのではないかと思った人も多いのではないでしょうか。今のところ、警察の調べで違法薬物を使っていたという情報は流れていません。ということは、病気の可能性も否定できないでしょう。
(中略)

なぜ、そうした病気で怒りっぽくなってしまうのでしょうか。そもそも人は、誰だって多かれ少なかれ「怒り」の感情を持つことがあります。しかし、頭に来たからといって、通常は危険なあおり運転をしたり、相手を殴ったりはしません。そんなことをしたら、自分が大変な目に遭いかねないことを分かっているからです。

 そうした冷静な判断をして、怒りを抑えているのが、思考や判断など脳の高次機能をつかさどる「前頭葉」という部分です。怒りの感情は、原始脳と呼ばれる「大脳辺縁系」というところで作られるのですが、それがそのまま表情や言動に出ないよう「前頭葉」が抑える役目を果たしているのです。

 ところが、この前頭葉の機能が低下してしまうと、怒りを抑えられなくなります。たとえば、前頭葉が萎縮する代表的な病気の一つに、「前頭側頭型認知症」があります。この病気になると、社会性が欠如して万引きのような軽犯罪を犯したり、抑制が効かなくなって暴力をふるったり、同じことを繰り返したりするようになります( 長寿科学振興財団 健康長寿ネット「前頭側頭型認知症」 )。

(中略)

 また、こうした症状は認知症のような病気としてだけでなく、実は加齢現象としても起こりえます。たとえば、「駅やコンビニなどで、若者相手にすぐにキレてしまう高齢者が増えている」などと報道されたことがありますが、それには加齢に伴う前頭葉の機能低下が関係していると指摘されています

(中略)

家族やまわりの人が「急に怒りっぽくなった」「以前と人が違うようになった」という場合も病気の可能性がありますので、精神科、ものわすれ外来、神経内科、脳神経外科などのある医療機関に何とか連れていき、受診してみることをおすすめします。

反応
確実に軽度の統合失調症だって。運転させたらいけない人間

わかったからそんな病気の奴は運転免許不適格という事にしろ

犯罪する人間はみんな病気だと思うよ。

馬鹿どもに車を与えるな!

怒りっぽい人は運転不向きなんよね。治るモンじゃないから、永久に免許剥奪しかない。