PayPay






キャンペーンは「とことんやる」、手数料は「悪いようにはしない」 PayPay馬場副社長に聞く決済戦略(ITmedia Mobile) - Yahoo!ニュース

では、こうしたキャンペーンはいつまで続くのだろうか。100億円のような派手な数字こそ出さないものの、PayPayユーザーや参加加盟店が増え、決済回数が増えてくると、それだけ金額もかさむようになる。ワクワクペイペイ自体いつまで続き、どのような形で展開していくのだろうか。

(中略)

では実際、ワクワクペイペイでどれだけ予算を投入しているのかという質問について、馬場氏は「決算報告を見てください」とだけコメントする。

馬場氏 「『こいつらアホやな』と思われるかもしれませんが、今後もキャンペーンをとことんまで続けていきます。いつまでかという点は『(終わるのが)早い方がええんやけど』ですが、競争が続く限りやっていきたいと思います。ただ、実際には2~3社程度には収束するんじゃないかと考えています。

 実際、これだけやってもまだまだ使わない人がいるわけじゃないですか。20%というだけではダメで、普通の価格なんだけど、複数回違う場所で使ってくれると何か特典があるような仕掛けを用意するとか、いろいろ毛色を変える必要があると思っています。今のままだと10%還元とかを狙う人しかやってこない。ですので、今回はスーパーと提携してみたいと考えていたんです。例えば、プライベートブランドの牛乳を週2回買うともう1本もらえるとか、こうしたキャンペーンを折半で行えば、スーパーにとって来店誘導効果があるし、僕らも決済回数が増えて得になると」

反応
今まで現金のみだったお店がペイペイ対応になって、キャッシュレス決済ができるようになるのはホントに素晴らしい。

PAYPAYはずっと3%だと思ってたので、10月から1.5%になるのが残念です。なるべくPAYPAYが使えるお店で買ってたけど、そうなると、無理してわざわざ使わなくてもいいかなってなる。

キャンペーンがなければ、PayPay なんか、使わないよ。

LINEもメルペイも大きな赤字が母体の利益を食い尽くしているし、春以降はキャンペーンも大幅に縮小している。PayPayのキャンペーンも消費税還元が終わった後にはなにもない状態になりそうやな。最終的には「楽天ポイントが使える」楽天Payに落ち着くことになりそう。