ふむ






男女がほぼ同数なのに男性の未婚率だけが高い“残酷な現実”|NEWSポストセブン

日本社会が直面する「少子高齢化」の大きな要因に「未婚率」の高さが挙げられる。1980年までは男性(35~39歳)の未婚率は10%以下で、「30代になれば誰もが結婚する」のが当たり前だったが、それ以降、未婚率は上昇しはじめ、2015年には35.0%と30代の男性の3人に1人が独身となった。

 一方で、30代女性の未婚率も上昇したが、2015年に23.9%と4人に1人にとどまっている。50歳時未婚率(50歳時点でいちども結婚したことのない人の割合)も、男性23.4%に対して女性14.1%(2015年)とかなりの差が開いている。

 なぜ男性の未婚率だけがこれほど高くなっているのか。新刊『上級国民/下級国民』(小学館新書)が話題の橘玲氏は、同書の中で「モテ/非モテ」について分析しており、その理由について次のように分析している。橘氏が語る。

「男女の数がほぼ同数だとするならば、男女で未婚率が大きく異なる理由はひとつしかありません。一部の男が複数の女性と結婚する『事実上の一夫多妻』となっているのです」(橘玲氏・以下同)

 日本も他の欧米諸国と同じく「一夫一妻制」で、複数の妻を持つことは認められず、かつて一般的だった「妾」や「二号さん」も社会的に許容されなくなってきている。だがその一方で離婚率は上昇し、生涯で2回、3回と結婚することも珍しくなくなった。

「一部の男性が未婚の(若い)女性と再婚し、離婚した女性は再婚せずに母子家庭のまま暮らすと考えれば、男女の未婚率の違いが説明できます。一夫多妻は同時に複数の女性を妻にすることですが、欧米や日本のような先進国で共通して増えているのは、結婚と離婚を繰り返す『時間差の一夫多妻』です。

 もちろん離婚には金銭的・精神的に大きなコストがかかります。弁護士を雇うなどしてこうしたトラブルを穏便に解決できるのは、それなりの社会的・経済的地位のある男性でしょう。Amazonの創業者ジェフ・ベゾスが約4兆円の慰謝料を支払って離婚したことが象徴的ですが、じゅうぶんな富のある一部の男性にとっては、『事実上の一夫多妻』を実現することはそれほど難しくありません。

反応
あーそーですか。

その通り。
しかし、実は「持たざる・下級の男」は、現代社会において”何も困っていない”ということこそ「(女にとっての)残酷な現実」なのだ。

今の結婚て男にメリット皆無、逆に扶養義務はあるわ女遊びできない制約はあるわ慰謝料払う法的リスクはあるわデメリットしかないのだから、男の未婚率が上がるのは当たり前。

むしろ金持ちには一夫多妻制を勧めた方が少子化対策になりそう。俺たちは一人でのんびり生きていきますわ。