モンスターハンター ワールド:アイスボーン






株式会社カプコン | 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が全世界で250万本を突破!

株式会社カプコンは、PlayStationR4、Xbox One※1およびPC※2向けゲーム『モンスターハンター:ワールド』の超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』を全世界で250万本出荷※3しましたのでお知らせいたします。※1 Xbox One版発売地域は北米・欧州のみ ※2 PC版発売日は1月予定 ※3 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』(ダウンロード版販売数)および『モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション』(ディスク版出荷数とダウンロード版の販売数)の合計数

「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームです。2004年に第1作を発売して以降、「友人と協力して強大なモンスターに挑む」という通信協力プレイが新たなコミュニケーションスタイルを確立し、「モンハン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こしました。2018年1月に発売した『モンスターハンター:ワールド(以下ワールド)』は、当社史上初となるグローバル出荷本数1,310万本を達成(2019年6月30日時点)し、シリーズ累計販売本数5,800万本(2019年9月13日現在)を誇る大ヒットシリーズに成長しています。


パッケージ買う人は少ないだろうけど、250万本ってカプコンの想定より少ないような気もする。今後のプロモーション次第ですかね。