ZOZO






ZOZOの前澤友作氏「不要論」約2400億円は巨額な手切れ金か - ライブドアニュース

ゾゾはこれまで、体形やサイズを計測する「ゾゾスーツ」や、会員割引サービスなど、常に時代の一歩先を歩んできたが、アイデアに技術が追いつかなかったり、顧客や出店ブランドからの理解が得られなかったりして、批判にさらされることも少なくなかった。

 今回の退任劇に、アパレル関係者からは「ゾゾは以前は出品する商品の写真を独自に撮影したり、問題があってもフォローをしてくれていた。いつの間にかフォーマット化されるなど、前澤氏に経営者としての情熱を感じなくなった」と冷ややかな声もある。

反応
ほとんどの会社の経営者が感で経営しているのは事実。能力なんてほとんどない。

手のひら返しで酷い書きようだね。サマンサもそうだけど、ここまで大きくしたのは彼らの功績だと思うんだけどね。

なんのかんの言われようとも 見事なまでに売り抜けた事実は変わらない。次のステージでどう動いたか? が問われるだろうから、次は一人勝ちではない結果を残してほしい

この人に対して「情熱を感じなくなった」という文字が気になった。コイロカでもそうか。メンバーも最初よくても今後どうなるかは未知数だし独自路線次第だね。

前澤さんは次のビジネスで経営センスが問われるだろうね。