名古屋






逮捕の75歳運転手「覚えていない」 歩道にタクシー 7人けが | NHKニュース

14日夜、名古屋市の駅のロータリーでタクシーが歩道に乗り上げて人を次々にはね7人がけがをした事故で、逮捕された75歳のタクシー運転手は調べに対して「事故の状況は覚えていない」などと供述していて、警察で当時の状況を詳しく調べています。

この事故は14日午後9時20分ごろ、名古屋市熱田区にある金山総合駅の南口のロータリーでタクシーが歩道に乗り上げて人を次々とはねたもので、20代から60代の男女合わせて7人がけがをして名古屋市内の3つの病院に運ばれました。

事故を目撃した男性によりますと、タクシーは歩道に乗り上げて人をはねたあといったん停止し、周りの人たちが「エンジンを切れ」などと運転手に呼びかけたところ、突然バックしてけが人を救助していた人たちをはねたということです。

警察はタクシーを運転していた名古屋市中川区の小森勝弘容疑者(75)を自動車運転過失傷害の疑いでその場で逮捕しました。

調べに対し、小森容疑者は「事故の状況は覚えていない」などと供述しているということで、警察で当時の状況を詳しく調べています。

反応
年齢制限をもっと厳しくしないと、もっと悲惨な事になる、被害者の気持ちをもっと考える事が重要!

もうさすがにさ、その年齢で人様の命預かるのやめよう?てかそもそも免許返納してくれ

勲章を持たぬごく普通の惚け老人は、こうして逮捕される

何があったのか? 75歳でも働かないといけないの?それは無茶だと思うよ。定年があるのはそれなりに意味があるのだ。よく考えろよ!

正直、70歳以上で働くのって職種にもよるけど限界あるよな・・・って。