咳止め






せき止めの乱用、10代で急増 厚労省が薬物依存調査(共同通信) - Yahoo!ニュース

2018年に薬物依存などで全国の精神科で治療を受けた10代患者の4割以上が、せき止め薬や風邪薬などの市販薬を乱用していたことが厚生労働省研究班の実態調査で分かった。14年の調査では1人もおらず、近年急増していることを示した。危険ドラッグの乱用者は1人もいなかった。

 「消えたい」「死にたい」などと考え、生きづらさを抱えた若者が、一時的に意欲を高めるために市販薬を乱用するケースが多いという。せき止め薬は安価で簡単に入手できる上、中枢神経興奮薬と抑制薬の両方の成分が含まれ、インターネットで「多幸感が得られる」といった情報が出ていることが背景にあるとみられる。

反応
咳止め何度も飲んだことあるけど、多幸感が得られた事なんて一度もないな。


エフェドリンとコデインを含んだ鎮咳剤はありますね。
弱い「覚せい剤」と「麻薬」を混ぜたようなことになってしまいます。気管を開き、咳を鎮める、普通に使えばよく効く薬ですが、乱用すると依存性が出ますね。

闘病中であれば、薬を服用しない訳にはいかないが、
個人の勝手な使用は慎むべきだと思う。

昔、中島らもさんがこれの中毒になって
薬を手に入れる時、薬屋に変な目で見れれるのを避けるために
ローテーションを組むのが大変だったとおっしゃっていた。

かぜ薬で多幸感ってたまに聞くけど、うーん。