ショートスリーパー






短時間睡眠でも健康に影響ない「ショートスリーパー」の遺伝子、米研究者が新たに発見|WIRED.jp

睡眠時間が短くてもスッキリと毎日を過ごすことができ、何ら健康状態に問題のない“ショートスリーパー”の人々に固有の遺伝子が新たに見つかった。米研究チームの論文によると、この遺伝子をもつ人々は「目覚めやすく、より長く活動的でいられる」脳をもつのだという。これは同じチームが見つけた2つ目の「ショートスリーパー遺伝子」となる。

(中略)

「Exome Aggregation Consortium(ExAC)」と呼ばれるヒトゲノムのデータベースによると、この突然変異をもっているのは約10万人に4人ほどの割合で、ヒトでは珍しいのだという。

(中略)

「現在、多くの人たちが慢性的な睡眠不足に陥っています。普段あなたに8~9時間の睡眠が必要なら、7時間でも睡眠不足となります」と、傳教授は言う。「よく知られていることですが、これは健康に長期的な影響をもたらします。心血管疾患、がん、認知症、代謝問題、免疫力の低下などに苦しむ可能性が高くなるでしょう」

ところが、ショートスリーパーの特異な遺伝子をもつ人たちに、7時間以下の睡眠不足の有害性は当てはまらない。こうした人々はより楽観的で、エネルギッシュで、マルチタスクに向いている傾向があると傳博士は指摘する。さらに、より痛みに強く(高疼痛閾値)、時差ボケにもあまり影響されないという。

これらの利点が同遺伝子によるものかは定かではないということだが、ショートスリーパー遺伝子をもつ人たちは、効率よくクオリティの高い睡眠習慣があるのは確かなようだ。この知見は、個人に必要な睡眠時間は、数多くの遺伝子の多くの変異体が影響する遺伝的特性である可能性が高いことを示唆している。

反応
ショートスリーパーになりたかったなぁ。。。

ショートスリーパー遺伝子、僕にもあって欲しい笑
調べる方法とかないのかなー

やっぱり生まれ変わったらショートスリーパーになりたい

遺伝なら仕方がない。まぁ、寝たい時に寝るに限る。

10万人に4人だからホンマ希少種やな。明らかに優れている人間