ジョブズガー






「ジョブズが生きていればAppleとディズニーは合併していたかもしれない」とディズニーのCEOが明かす - GIGAZINE

ウォルト・ディズニー・カンパニーの会長を務めるボブ・アイガーCEOが、Appleの取締役を辞任しました。アイガーCEOがAppleの取締役になったのは、Appleの共同設立者であるスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった直後の2011年11月のことでしたが、アイガーCEOが自身の回想録の中で「ジョブズ氏が今も生きていたら、Appleとディズニーは合併していたかもしれない」と述べていることを9to5Macが報じています。

(中略)

アイガーCEOはその後、公私ともにジョブズ氏と親しい仲にあったとのこと。アイガーCEOが「ディズニーによるピクサーの買収」というアイデアを思いついた時、真っ先にジョブズ氏へ直接連絡して打診できたのも、アイガーCEOとジョブズ氏との親交があったからといえます。ディズニーがピクサーを買収したことで、ジョブズ氏はディズニーの筆頭株主兼取締役となりました。

そんなジョブズ氏が2011年10月に亡くなったことについて、アイガーCEOは回想録「The Ride of a Lifetime: Lessons Learned from 15 Years as CEO of the Walt Disney Company」の中で「ジョブズ氏が亡くなって以来、会社があらゆる成功を収めてきたことを考えると、私が興奮している時に『スティーブがここにいてくれればいいのに』と思う瞬間があります。頭の中でジョブズ氏と会話をしては、現実になってくれればいいのにと思います。もしジョブズ氏がまだ生きていたら、私たちは会社を統合していたでしょうし、少なくともその可能性について真剣に話し合っていたでしょう」と語っています。

反応
もうアップルがディズニーを買収することなんてないだろうから、この先いつか、ディズニーがアップルを買収する日が来るのかな…

どんな未来よそれ

ディズニーって、反吐が出るくらい強欲だよな

安いiPhoneや小さいiPhoneがほしいとやかましい日本のジョブズガーは恥じるといい。